車内に場末のBAR作っちゃった!?(後編) BOSEスピーカー⁉なの?

はい、車内BAR完成しました。

なにはともあれ、まずは BOSE博士に敬意を表したいと思います。

BOSEのシステムは、スピーカーだけがいいとかじゃなくて、アンプはもちろん響き方計算や形、デザイントータルしてBOSEなので、スピーカーだけBOSEでも、本当のBOSEのポテンシャルはでません。

軽自動車にポルシェのタイヤを履かせるようなものです。

それは解っているのですが、やはりあのロゴを入れるだけで、気分が・・・違いますよね~

真空管の基盤とか使ってやるのも面白いかもしれませんね! 真空管のアンプならこのBARにも合うかもしれない(°∀°)

いいのを見つけたら組み込んでみたいと思います。

そして今回思ったのですが、この作業じつはトータルで一週間とちょっとぐらいかかってるんですよね、それを2本で30分弱にまとめたわけで、なんか大変なだけで、せっかく撮った作業がもったいない気がしました。(短く纏めるのはひじょーーに手間がかかります)

短くテンポよくをモットーにしてはおりますが、最近他の製作者の動画を見ていると、更新頻度がハンパない。

すごいですよね~、ナレーションよりも直接しゃべりながらだと、手間が半分になるしいいのかもしれないけど、作業しながらしゃべるなんて無理だし、最初のころ自分で喋ってみたけど、噛むは噛むは、1テイク撮るのに何回取り直したことか(^^;

だから、ナレーション形式にしたんですけどね

あと今更字幕も・・・やめれないし(TへT)(自分でなんて言ってるか解らない時があるので、字幕を入れる事にしたのですが・・・)

ときかく手間をかけすぎている気がするのです。

ま、もっと良く出来た番組はTVで見れるわけだし、それに近づけようなんて頑張っても・・・ねぇ~(´`)=3

ま、要するにもっと細切れにした方が、Youtubeらしい動画になるのかなぁ~

などと、考える今日この頃でした。

 

という事で、しょーがねーなぁ~(愛)また作ってやるかぁ~

 

PS:動画を上げて直ぐに、YOUTUBEからやんわり警告が・・・音楽の使用法のご指導を受けました。

アンプの動きを見せたいだけで、僕のIPhoneから流れる音楽がちょっとだけ入ってるんだけど、これも厳密にはダメらしい。

このぐらいいいじゃん!は、もう言えない世界になってきているようです。

いい事でもあるようですが・・・少し堅っ苦しい気もする。

悪意があるか、ないかなんて、判別出来ないですもんね~

なんかいい方法あったら情報頂けると幸いです。

LINEで送る
[`yahoo` not found]

About hotseaweed 180 Articles
キャンピングカー研究家、 自動車整備士、 自作の軽キャンパーで日本全国旅してます。 趣味:写真、旅、シルバーアクセサリーの作成

2 Comments

  1. いつも楽しく拝見させていただいております^^
    音楽の著作物をご自身の動画内で利用することについて、くだんの件は正確に言いますと
    「著作物(音楽)の利用の仕方や動画の内容によって著作権違反か合法かどうかの判断が行われるんだけど、そういうグレーゾーンなものがあると、モメたときに運営が面倒臭いし、一つ一つ合法違法の判断をする手間もかけたくないから、うちじゃ使わないでいて欲しいんだ・合法違法関係なくね」
    といったところです。必ずしも違法行為だからお叱りを受けた、というわけではありませんので、その点お知りおきいただければと思いました。
    この点、「音楽の引用」や「楽曲の引用」などで検索していただけますと詳細な情報が得られるかと思います。
    今後も楽しい動画を楽しみにさせていただきます。(ちょいちょい挟まれるダジャレも大好きですw)

    • コメントありがとうございます。
      そして、チャンネル見て頂いているようで、ありがとうございます。
      そうなんですね(^^; 動画を上げた瞬間にYouTubeから著作権についての説明の動画を見るようにインフォメーションが来ましたので、ありゃ~って思ってまして
      動画の再生回数もぜんぜん上がらないし、YouTubeとしてはちょっとでもやってほしくないだろうなぁ~って思ったしだいです。
      僕はバカなので難しい事はわからないですが、なるべく使わないようにしようと思っております。(^^)
      解りやすい解説ありがとうございました。参考になりました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください