ボディーを可愛く塗り替えちゃいました!

禁断の全塗装!しかも水性塗料!そして手塗り!?😝

前から外装の塗装はしようと思ってはいたのですが、場所もないし大変そうだし、難しそうだったので重い腰が上がらないじょうたいでした。

そんな折に偶然「手塗りで全塗装!」を謳った塗料屋さんのサイトを発見し、がぜんやる気に!!

たまたまマットカラーにしようとも思っていたので、まさに渡りに船!早速試してみる事にしました。

早速発注手続きをしていると、塗料を選ぶ段階で選択肢に「水性」って書いてあるではないですか!

調べると、水性塗料の性能も向上しており、ドイツでは水性塗料を使うように法律に定められているとか!!!

クルマのボディーに水性塗料が使えるのか!!😲

知り合いの職人などに聞いてみても、全力で反対されましたが、これは試してみるしかない!

まさにキャンパー魂!! とりあえず動画をご覧ください。↓

塗料が届いたので、早速作業開始!

とりあえず、フロントのバンパーを塗ってみる事にした。

お! ローラーの塗り跡が少し凸凹になっていい感じの肌触りになるじゃん!

いいかも!(うひょ)

って、思ったのもつかの間・・・

グリルのアミって言うかラジエーターの部分はローラーじゃ塗れない・・・(^^;

筆で塗りながら、スプレーしたい・・・って衝動に駆られる。

何とか塗り終えたが、スプレーガンの方が100倍簡単だと思う。

そして、試しに車体の一部も塗ってみた・・・

むむむ バンパーは濃い色だったので、いい感じになったけど、ちょっと明るい色だとムラが目立つ。

ちゃんと混ぜてるのになぁ・・・

塗れば塗るほど、不安がつのる。

どうしようか? このまま塗り進めてやっぱりダメだってなったら、やり直すのめんどくせーなぁ・・・

塗り方もあると思うのですが、やっぱり塗り終わった瞬間のキレイになった感が欲しい。

 

と、いう事でスプレーガンに切り替えて塗る事にしました。

後は動画をご覧いただけるとわかると思うのですが、一個だけ言うと動画ではサクサク感を出すために

苦労があまり見えませんが、結構な作業でした。

一番しんどいのは、足付けじゃないでしょうか?

サンドペーパーで・・・とか、やってたら気が狂いそうになります。僕は機械を使いましたが、

もう一度やれって言われたら、たぶん・・・ 断ります。

板金屋さんに全塗装依頼した時「全塗装?」って微妙な顔してたのがよくわかりました。

同じ色で全体塗るだけなので楽だろうと思ってましたが、面積が広いのでとても大変でした。

軽でこれなんだから・・・ 大きめの車だったら・・・ 想像しただけでゲッソリしそうです。

<まとめ>

  • 手塗りは薄い色は難しい。微妙な色の変化を「味」と見ればOK
  • マスキングは楽しい。(個人の趣向によるけど)
  • 足付けは超大変! でも、細かい所ほどしっかりしないと、塗料が乗らない
  • 水性塗料も今のところ感想は、別に問題ないんじゃないの? 耐久性は今後見てゆこう。
  • マットカラーが好きなのでこのままゆきますが、本来ならトップコート吹いた方がいいと思います。

LINEで送る
[`yahoo` not found]

About hotseaweed 158 Articles
キャンピングカー研究家、 自動車整備士、 自作の軽キャンパーで日本全国旅してます。 趣味:写真、旅、シルバーアクセサリーの作成

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*