Garuda Wisnu Kencana

Garuda Wisnu Kencana Cultural Park

前情報なしでバリにやって来ており、現地の方に「何がしたい?どこへ行きたい?」と聞かれ・・・

困っていると、じゃカルチャーパークはどう?と言われ、カルチャーパークぅ~?🤔

と、なんと言うか・・・軽い感じ? そんなんじゃないんだけどなぁ~😅

と思いながら、まぁ~いいか! GoogleMap大明神で見てみると、大きなみどりになってるし、たぶん大きな公園って事なんだろう。

どうせどこもわかんねーし、行ってみっぺ!😉

って事でやってまいりました。ガルーダ・ウィシヌ・ケンカナ・カルチャーパーク 長い・・・😅

門から入るとほとんど誰もいないので、なんか・・・入っていいのか解らない感じでしたが、奥に奥に進んで行くと、管理棟のような場所にたどり着きました。

どうやらチケットを買わないと入れないようだ、うわ~100000ルピアだって! チョットたけーなぁ~

でもまぁ、入口からなんか迫力ありそうだし、ちょっと高いけど行ってみるかぁ~

駐車場からしてこれですからねー! ってまてよ? これは自然の感じじゃないよなぁ~

周りにいた人に聞いてみたのですが、これは全部昔の人間が削ったんだって!

まぢか~ そうだよな! 自然のものだったら、こんなにきれいに整わんわなぁ~

でも、そうだとしたら・・・ 計り知れない労力が・・・ 昔の人って事は重機ない訳だし・・・

改めて、まぢか~😵

受付からかなり歩いてやっと入口にたどり着く・・・ このレリーフの下に日本語で説明が書いてあったのですが、全くわかりませんでした。

だれが翻訳したんだよ~全く・・・😅

蛇のモチーフですね! 考えると、あらゆる宗教にヘビは関わっている気がする・・・

ヘビにはなんかあるのかもしれませんね!

ヘビの階段を登ったところに美しい庭園があります。 癒されるね~

オッと、ここで例の「腰巻」を巻くように言われました。

外国人も多いですが、国内の人もたくさん来られているようです。

こちらがウィシヌ?といって、バリの重要な3神様の一人で世界の調整役?英語で聞いているので、うまく説明できませんが、清浄に保つ役割だったと思います。

写っている人との対比でどのくらい大きいかお判りいただけると思いますが、これでも半分になったらしいです。

昔は体全体があったそうです。自由の女神よりも大きかったのでは?と言ってました。

その下を通って、、、、

抜けたところに、かの有名なガルーダがいます。

これも全部残っていたら、恐ろしい大きさです。

そして、ここがメインのガーデンです。

どうやってこんなに削ったのか・・・

一枚岩を削りたおして、くりぬいたんでしょうか?

そうでないと考えられないけど、もしそうだとしたら半端ない労力ですよね~

おりるとこんんな感じです。

迫力がすごい!

パワーゲットはここでしか考えられない!

パワー🙌

こりゃーとてつもないパワーが入ってくるぞぉ~

こんなんもありかなぁ~

あーずーと寝ていたい・・・

そんな雰囲気です。😆

という

広場の両脇はこんな感じの通路になっています。

その奥になぜかペイント弾ゲーム?サバゲ―みたいなやつをやっていますが・・・なぜここで?😥

という感じです・・・ 何にもなくてつまんないと現地の人は思ったのでしょうけど、何にもないのがいいですけどね

癒しの空間をぼちぼちと散策してみましょう!

なんか、エネルギーを感じます。

本来、これのでっかいのがあったという事です。さっきのでっかい像ね!

でもなんと! 今それを建設中との事。

あの向こうに作っています。

現代の技術ですけどね・・・😁 でも出来たらすごい風景になるとおもいますよ!

名残惜しいですが、そろそろいきますかぁ~

うーん、奇麗だし人も少ないので、とてもおススメです。

良いパワーがいっぱいでした。

ありがとう😘


名称 ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ・カルチャーパーク
Garuda Wisnu Kencana Cultural Park
住所 Jl. Raya Uluwatu, Ungasan, Kuta Sel., Kabupaten Badung, Bali 80364 Indonasia
おススメ度 ★★★★☆💖
地図

 

LINEで送る
[`yahoo` not found]

About hotseaweed 158 Articles
キャンピングカー研究家、 自動車整備士、 自作の軽キャンパーで日本全国旅してます。 趣味:写真、旅、シルバーアクセサリーの作成

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*